2007年05月のアーカイブ

小梅がついに成功!

寝室でテレビを見ながら犬たちと戯れていた時の事。

突然小梅が部屋を出てどこかへスタスタと歩いていきました。
寝室は2階で、下に行けないようにゲートを設置しているので、てっきり廊下で遊んでいるか、それとも隣の部屋(自分のケージがある部屋)でおもちゃで遊んでいるんだろうなぁ〜 なんて、大して気にせず。

しばらくするとまた戻ってきました。

1時間ほどしてから一旦ケージの部屋に行ってみると、小梅のトイレにてんこもりのう●ちが!!(お食事中の方ごめんなさい。)
ついに小梅が「部屋に戻ってトイレをする」事に成功しました!!!

小梅はなかなかトイレが覚えられない子&豆奴がいると教えづらかったので、本当によかったです♪

たった一回の成功なので、本当に覚えたかどうかは怪しいところですが・・・



 


全犬種展?

今日は朝から豆奴と小梅それぞれをお散歩に連れていったのですが、小梅と味スタ(味の素スタジアム)前を通った時、散歩中のなんとも不思議でかわいい犬と遭遇!

プードルっぽかったのですがどうも違うような。

飼い主さんに聞いてみたら、トイプードルとミニチュアダックスとのミックスだとか。
言われてみれば確かにそうだ(^^)

一通りその子をなでまわした後、小梅と一緒に去ろうとすると、その飼い主さんが犬の大会を探しているとの事。もうはじまっているはずなのに、やっている気配がまったく無いと。

確かに味スタは閑散とし、ゲートも空いていない。
たまに犬の大会がやっている事自体は知ってましたが、実際に行った事はなく、地元民として情けないのですがその方の力になれず・・・

結局家に帰ってから調べてみると、全犬種展なるものが味スタ自体ではなく、北側イベント広場で開催されていたようです。

いつかまたやっていれば覗いてみたいと思います。


投稿日時: 19:09 | | コメント (0)

どこもかしこもガリガリ

最近乳歯が全部抜けた小梅ですが、まだ歯がかゆいのか、階段やら棚やら壁の端っこやら、とにかく木材製品を片っ端からガリガリと噛んでます。

木製のおもちゃを買ってきても、2〜3日でボロボロに!

人やケーブルの類を噛むよりはいいですが、早く収まってほしいです・・・・

タッチ

以前、小梅がパピークラスで「タッチ」なるワザ(?)を覚えたのですが、ついでに豆奴にも教えてみました。

最初に細かくしたおやつを一片手に握り、「タッチ」とコマンドをかけたあと、「フンフン」とコブシに鼻をつけたところで手を開いておやつをあげます。

その後、数回これを続け、次は片手に何ももたず、パーの状態で「タッチ」のコマンドをかけて、鼻をつけてきたらもう片方の手でおやつをあげます。

はじめのうちは鼻がすぐに届くところに手を置いてやってましたが、今は2匹とも完全に立つまでところまでできるようになってきました。

これで豆奴は家の中でも外でもほぼ完璧に「スワレ・オテ・マテ(どんあ状態でも)・フセ・タッチ」ができるようになりました。

小梅は家の中では全部できますが、外では微妙な「マテ」しかできないので、まだまだ修行が必要なようです。

投稿日時: 19:28 | | コメント (0)

おもちゃの奪い合い

ここのところ戦う(ジャレ合う)ようになった豆奴と小梅ですが、さらに戦いは激化し、最近はおもちゃの取り合いをしてます。

真剣に「ケンカ」をしている風ではないので、ほったらかしてますが、いまだにどちらがリーダーなのかハッキリしていないような・・・

若干豆奴が優勢になってきた気もします。



 


小梅もやっちゃいました

豆奴と小梅の晩御飯をあげる為に台所へと行き、食器を用意して振り返ると小梅が2〜3cmのなにやら黒い物体を気にしていました。

一瞬虫かと思って近づいてみると、死角になっていた方にさらにテンコモリを発見!

うんちでした・・・・


すっかり忘れてましたが、お昼を食べてからそういえばまだしていなかったのです。


それにしても、人間の赤ちゃんもそうですが、なんでこんな小さいのにこんなにいっぱいして、さらによくぞここまでのニオイを!っと変に関してしてしまうのは私だけでしょうか・・・

強気な豆奴

豆奴は元来、ちょっとビビリーなのですが、小梅が赤ちゃんできた時もかなりビビッてました。

小梅は小梅で自由奔放なので、豆奴が遊んでいるおもちゃをひったくったりして、それに対して豆奴はなにもできない状態でした。

が、

実はここのところ変化が!

豆奴が戦うようになりました!!

以前までは、本当にあっさりと小梅におもちゃを取られてましたが、最近はとられたあとに本気で怒っていたりします。(以前もちょっとした威嚇はありましたが。)
物怖じせず自由奔放な小梅がいつかは2匹の中のリーダーになると確信していましたが、豆奴の可能性もちょっとだけみえました(^^)



 



投稿日時: 17:13 | | コメント (0)

豆奴がやっちゃいました

最近粗相する事がまったくなかった豆奴ですが、今日なぜか粗相をしてしまいました。

しかも、トイレのすぐ横で・・・

豆奴は私たちと一緒に寝るのですが、過去に数回ベッドの上で粗相した事があったので、今は寝る前に強制的にトイレにいかせます。 普段トイレはケージの中に入れていて、たいていは夜に「ハウス」のコマンドをかけると、サッとケージに入り、そのままトイレをします。


が、今日は違いました。


いつものように「ハウス」のコマンドをかけると、ケージの中にあるベッド(普段はここで寝ていません)に座り、なんだかちょっと腰を落としていたので近づいてみると、思いっきりそこでトイレをしてしまってました。 すぐ隣にトイレがあるのに・・・

最近まったく問題なかっただけに、ちょっとショックです。
(まぁ、仕方ないですけど。)

パピークラス其の二

今日は小梅のパピークラスに行ってきました(2回目)

我が家では普段おやつはあまりあげないのですが、パピークラスではちょっとひくぐらいあげています。
最初は少々抵抗がありましたが、おやつをたくさんあげると確かに覚えはかなり早いです。

今回のクラスでは「タッチ」(犬の鼻先を飼い主の手にタッチさせる)と、「ふせ」がメインでしたが、豆奴に「ふせ」を教えた時は、毎日5分で1週間ほどかかりましたが(1歳頃)、小梅は今日だけである程度の形になってきました。

むやみにあげるのは避けた方がよさそうですが、「訓練」としておやつをあげるのはかなり有効ですね。量を考えつつ、色々と訓練してみたいと思います。

一緒にお散歩

多頭飼いをされている方で、複数の犬を一緒にお散歩させている方を見る事がありますが、我が家の豆奴と小梅も本日「合同お散歩デビュー」を果たしました!

市販の二股に分かれているリードをつけて試してみたのですが、最初は豆奴が気にしてうまく歩けませんでしたが、ものの5分もすればスイスイお散歩!! 終始小梅が先頭に立って豆奴を引っ張っていましたが、無事にデビューができました♪

今日は10分ほど一緒に歩かせ、そのあとは別々のリードにしましたが、少しずつ慣れさせていきたいと思っています。






 


投稿日時: 20:47 | | コメント (0)

いよいよ「仲良し」?

最近豆奴と小梅の距離がドンドン近くなり、昼間はお互いすぐ近くでお昼寝しますし、家の中で移動する時も、一緒に移動する事がとても多くなってきました。

こんな事を言えるようになるなんて思いませんでしたが、「仲良し」になりつつあるような気がします(^^)






 


小梅が粗相

昨夜、小梅と豆奴たちと自宅のソファーでくつろいでいると、突如左肩に生暖かいモノが・・・

クッションに頭を乗せて横を向いた状態でテレビを見ていたのですが、慌てて生暖かい方をみてみると、小梅のおしっこでした!

クッション&私の左肩はビショビショ(悲)

うっかりリビングのドアを私が閉めてしまい、我慢できなくなってしまったようですが、なにも私の上でやらなくても・・・


トイレつながりで一つ思い出しましたが、小梅はなぜか外ではトイレをしません。結構長い間外出していても、一度家に戻ってからトイレをします。

外を汚さないのはある意味とても良い事ですが、今後旅行などに行く時にはちょっと困るかも・・・
家の外でも中でもしっかりとトイレトレーニングをしたいと思います。

投稿日時: 15:50 | | コメント (0)

続・外耳炎

先日、軽い外耳炎になっている事が判明した豆奴ですが、今日動物病院に行ってみると、ほぼ治っているとの事。まだしばらくは耳に薬を塗る日々が続きますが、少しずつフェードアウトしていっていいとの事。

大事にならなくてよかったです。

投稿日時: 18:06 | | コメント (0)

食事中のしつけ

私たちがご飯を食べている間の小梅のしつけですが、かなりよくなってきました。

以前のように「くれくれ!」っと催促もしてきませんし、テーブルの上に乗ってこようともしません。
まだ豆奴ほどではないですが(豆奴は一人でいても、テーブルの上の物は食べません。)、確実に「食事中は何ももらえない」事を理解してくれているようです。

投稿日時: 14:50 | | コメント (0)

小梅もオスワリ&マテ

かなり小さな頃からオスワリとマテを小梅に教えてきましたが、最近どうやら理解してきたような気がします。

以前まではご飯の時にケージの中ではオスワリができても、ケージの外ではできなかったのですが、ここ数日はまったく問題なし。まだ散歩中の「オスワリ」は理解していないようなので、これから覚えさせていきたいと思ってます。

※豆奴はどこであってもオスワリ・マテ・オテ・フセはOK

ノミ・ダニ対策

今日は二人のノミ・ダニ対策5月分。

我が家で使っているのは「フロントラインプラス」。犬の首の後ろに何箇所か直接液体を垂らすだけなのですが、使い方はとっても簡単。

動物病院でも処方してくれますが、普通にネット通販でも手に入れる事ができます。定期的に使うものなので、できれば少しでも安い所で手に入れたいですよね。

ちなみに、馴染みの動物病院で処方してもらう時には一回(2kg〜10kg用)が1600円。ネット通販の安い所は12回分で約14,800円(一回あたり約1233円)。経済的でオススメですヨ。




↑首筋に垂らした直後の図


投稿日時: 12:51 | | コメント (0)

人間のご飯中のしつけ

豆奴は小さい頃(4ヶ月頃)から私たちがご飯を食べている時に横に置いておき、絶対に人間の食べ物をあげないようにしてしつけたのですが、今では誰が何を食べていても、ご飯中は絶対に寄ってきません。(横で寝ていたりします。)

小梅も本来はもっと早くにこのしつけをしておきたかったのですが、どうしても豆奴と一緒だと暴れてしまうので、今のように豆奴に少し慣れるまで(そして豆奴が小梅に慣れるまで)待っていました。

っという事で、やっとお互いに慣れたようなので、3日ほど前から私たちがリビングでご飯を食べる時に、小梅も横に置いておく事にしました。
案の定、おいしい香りに誘われて「食わしてくれぇ〜」っと寄ってくる小梅。しかし、一度たりとも人間の食べる物の味を覚えてほしくないので、ここはしっかりと離れさせます。(豆奴の時もそうでしたが、人間のご飯中、テーブルが低いので、テーブルに乗る・足をのせる・テーブルをなめる・私たちのヒザに乗ってご飯に近づく、などの行為をすべて禁止としています。)


最初は本当にずーっとご飯が気になって、ねだったり近づいたりしていた小梅ですが、少しずつ「ダメ」だという事に気づいてきたようで、今日あたりは最初に何度かねだってみて、「ダメ」っと言われると大人しく横で寝ているようになりました。

まだまだ油断も隙もあったもんじゃない状態ですが、少しずつしつけていきたいと思います。






 


豆奴と小梅、一緒にご飯

今までは豆奴にご飯をあげる時には台所であげ、小梅にあげる時にはケージの中であげていたのですが、今日から一緒の部屋であげる事にしてみました。

さすがに真横であげてしまうと奪い合いになりそうですし、そもそも小梅はまだ子供なので違う種類のご飯をあげており、豆奴が食べているご飯は粒が少し大きめなので万が一を考えて簡易フェンスで仕切りを作りました。

まずは豆奴にご飯をあげ、その後は小梅に。
キッチンの中は二人の「カリカリカリ」っという音が響き渡っていて、ちょっと不気味でした(笑)

しばらくはこれで行き、同じ種類のご飯を食べるようになったら仕切りをはずしてみたいと思います。(もしくは小梅がもっと落ち着いた時)


ちなみに、小梅はケージの中にいたときから仕込んでいたのですが、ご飯の時の「オスワリ」と「マテ」はしっかりと覚えたようです。



 


フィラリア予防祭り!

今日はみんなのフィラリア予防!

午前中に豆奴だけ最初に散歩がたら連れて行ったのですが、ここ数日、なんだか耳を気にしていたので診てもらうと・・・・ 軽い外耳炎との診察。

先天的になりやすい犬もいるようで、どうも豆奴はその気があるようで、塗り薬をもらって1週間ほど様子をみる事に。(とはいっても、本当に軽いので、耳の淵が少し赤くなっている程度)
フィラリアの血液検査も問題無し。

続いて、小梅とフェレットたちを連れて再び病院に。
小梅は以前血液検査をしているので、健康チェックだけして終了。フェレットたちも血液検査無しでチェックのみ。3匹とも特に問題なしという。

先に来ていた豆奴は4.5キロ。小梅は2.7キロっと、2匹とも微妙に大きくなってました。
フィラリアの薬を処方する量の節目が2.8キロとの事だったので、まだ成長する可能性のある小梅は1ヶ月分だけ。他の3匹は7ヶ月分処方してもらいました。

豆奴の外耳炎治療&薬+フィラリア血液検査+フィラリアの薬(7回分)と、
小梅のフィラリアの薬(1回分)と、
豆奴(フェレット)と楓(フェレット)のフィラリアの薬(それぞれ7回分)のトータルで、約21,000円

フェレットたちは以前とても高い所で診てもらっていたので、思っていたよりもかなり安かったです。
ほっ。

家中が遊び場

小梅が階段の上り下りができるようになったので、日中はほとんど放し飼いにするようになりましたが、2階にある事務所で私が仕事をしている時は比較的大人しい豆奴と小梅ですが(部屋の外に出れないように簡易フェンスとドアの前に設置)、ひとたびその簡易フェンスをはずして下に行くと大騒ぎ!

ものすごい勢いで追いかけっこがはじまります。

お互いに攻守が変わるので、ジャレているだけのようですが、その勢いたるや凄まじいものが!
一通り家中を使って追いかけっこが終わると、二人とも舌を出してゼーゼー。散歩に行かなくても結構いい運動になっているようです。



 


投稿日時: 18:21 | | コメント (0)

並んでお昼寝

最近はちょうどこのぐらいの時間(15時、16時頃)になると、私の仕事場のイスの下付近でお昼寝をはじめる豆奴と小梅。

以前までは豆奴が警戒してしまって、こんな光景を見れる日が来るだなんて思っていなかったので、妙にうれしかったりします。



 


投稿日時: 16:16 | | コメント (0)

お家でシャンプー

今日は久しぶりに豆奴と小梅をお家でシャンプー。

我が家では、トリミング屋さんでのシャンプーを月一回、お家でのシャンプーを月一回行っています。(合わせてだいたい2週間に一回ぐらいでシャンプー。)

トリミング屋さんでは2匹とも結構おとなしくしているそうですが、家でも洗うところまではおとなしいです。
が、どちらのお宅でもそうかもしれませんが、2匹ともドライヤーの音が大嫌い。(っというか怖い?)

そこで、数ヶ月前からは早く乾く専用のタオルを使っていますが、コレがナイス!
確かに早く乾きます。

その分、ドライヤーの時間が短くなるので、とっても便利です。


投稿日時: 17:45 | | コメント (0)

パピークラス

今日は以前からお誘いのあったパピークラスに小梅と参加してきました。

場所はなじみの動物病院さん。

参加者は、全部で4匹。小梅と同じぐらいで、4〜5ヶ月の子たちばかりだったのですが、キャバリアとトイプードル、チワワと、種類も様々。

ドッグトレーナーの先生が、おやつを使ってのしつけ(呼び戻し、アイコンタクト、お座り、お回りなど)を教えてくれたのですが、おやつを使うと覚えるのも早いですね。

豆奴は「ふせ」以外はすべておやつなしで教えたのですが、それなりに時間もかかりました。

小梅はおやつを取り入れつつ、しつけを行いたいと思っています。

投稿日時: 15:39 | | コメント (0)

階段デビュー

豆奴が階段の上り下りを覚えたのは実はかなり遅く、10ヶ月の頃でした。
その時、たまたま遊びに来ていた親戚のモモちゃん(シーズー♀12歳)が普通に階段の上り下りをしているのを見て、豆奴もできるのかどうかを試してみたのが最初でした。(チーズを使って呼んで覚えさせました。)

小梅は好奇心旺盛で、何に対してもあまり怖がらないので、階段の上り下りも早く覚えるのではないかと思い、1ヶ月ほど前にチャレンジしてみたのですが、さすがに足がすくんで失敗。

今日、なんとなくもう一回チャレンジしてみようかと思い、チーズでちょっと釣ってみると・・・
たどたどしい足取りで、なんとか上りに成功!

さらに、下りもやってみると、さらにたどたどしい足取りながらも、なんとか成功!!

その後、3、4回練習をした後は、もう自由自在にできるように♪
(最終的には上りで豆奴に負けないほどにスピードになってました 笑)

これで小梅の行動範囲もグッと増えました♪

投稿日時: 20:19 | | コメント (0)

ウルトラチビっ子パピヨン

先日豆奴と小梅を神代植物公園へ連れていった時にパピヨンを連れている方とすれ違ったのですが、そのパピヨンは驚くほど小さな子でした。チワワよりも一回り大きい程度で、おそらく体重も1キロちょっと程ではないかと思いますが、豆奴と小梅が3ヶ月の時ぐらいのサイズでした。

最初は赤ちゃんなのかとも思いましたが、耳の飾り毛がかなり伸びていたので、恐らく大人だったと思います。

小梅も小さい部類に入ると思いますが(体重2キロちょっと)、パピヨンのサイズ差には本当に驚かされます。(豆奴は4キロ超)

小梅、「ほえる」を覚える

玄関のチャイムが鳴った時など、「外敵」に気づいてほえる犬がとっても多いと思いますが、我が家の豆奴もやはりそうです。玄関のチャイムはもちろん、家の門が開くちょっとした音でも反応してほえます。(相手が誰なのかわかるとやめます。)

が、小梅は、まぁ〜ったくほえません。 チャイムが鳴ろうが、豆奴がほえていようが、小梅はほえません。 昨日までは・・・

実は今日、いきなり小梅がほえ出しました。一体何に反応していたのかよくわかりませんが、驚くほど低い声で「ワンワンワンワン!」っと廊下でほえまくり。

ほえすぎは困ってしまいますが、やっと「犬らしく」なってきて、ちょっとうれしかったりします。
(結局この一瞬だけで、そのあとはまたほえなくなりましたが・・・)





   
 


仲良し! っとまではいきませんが。

つい先日までは、半日ほどケージから小梅を出している状態だったのですが、粗相もしなくなってきたので、ほぼ一日中出すようになりました。

さすがに慣れたのか、豆奴も、小梅がすぐ横にいても寝るように!
小梅に触られたり、おもちゃを取られたりすると相変わらずスゴイ勢いで怒りますが、完全に同じ「群れ」の一員として認めたような気がします。

あとは一緒にじゃれたりして遊んだり、一緒に寝たりしてくれればうれしいのですが、一歩ずつ確実に進みたいと思います。