2007年08月30日(木)

パピヨン犬の「ハウスのしつけ」

ハウスのしつけも後々色々と役立つので、小さい頃からしっかりと覚えさせておきたいしつけの一つです。

豆奴も小梅も子犬の頃からこのしつけを始めました(3ヶ月ぐらいから)。最初はケージの入り口の近くで「ハウス」の号令をかけ、入った時点で猛烈にほめる。それを何回か繰り返し、問題なくできるようになれば、少しずつ入り口から離れた地点で「ハウス」の号令をかけて訓練していきました。




「ハウス」の号令


チラッとこちらを見つつもハウスに向かう


ハウスで「マテ」


しばらくしてから「ヨシ」



2匹ともハウスを割りとすぐに覚え、ケージのある部屋の中にいる状態での「ハウス」は1ヶ月ほどで覚え(生後4ヶ月ぐらい)、今では1階にいても「ハウス」をかければピューっと2階の自分たちの家にへ走っていきます。

我が家ではやっていませんが、キャリーを使っての「ハウス」を覚えさせると色々便利だと聞きます。


PR
TVチャンピオン「ダメ犬しつけ王選手権」で優勝した森田誠流犬のしつけ法


日時: 2007年08月30日(木) 15:00

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前 にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その ときはしばらく待ってください。)