2007年08月30日(木)

パピヨン犬の「体を触られるのに慣れさせるしつけ」

愛犬を、人間に触られても大丈夫ななようにしつけておくのはとても重要なしつけの一つです。

慣れさせ方は、とにかく小さい頃から色々な部位を触ってあげる事。口の中に軽く指を入れて慣れさせておくと、後々役立ちます。(歯磨きの時に)

このしつけは、その犬の性格によってもしつけやすい犬としつけにくい犬がいるようです。
豆奴は元々神経質な犬で、子供の頃から極端にお腹を見せるのを嫌がっていました。無理矢理ひっくり返したりはせず、少しずつ少しずつ慣れさせていった結果、今ではしっかりとお腹をみせるようになりましたが、小梅は子犬の頃からまったく気にせず、今ももちろんそうですが、小さい頃から結構どこを触っても平気でした。


PR
犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座



日時: 2007年08月30日(木) 14:55

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前 にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その ときはしばらく待ってください。)