2007年08月30日(木)

パピヨン犬の「フセのしつけ」

フセのしつけは、実は我が家では相当遅かったです。当初豆奴には「オスワリ」、「マテ」、「おいで」などだけは子犬の頃から教えていたのですが、フセは必要ないと思い、教えていませんでした。
豆奴が1歳を過ぎた頃、犬嫌いの事でドッグトレーナーの所へカウンセリングを受けに行った時にしつけの話になり、「フセ」は服従心を養い、忠誠心も深くなるとの事で覚えさせた方がいいといわれ、そこからはじめて教えました。

やり方は、「オスワリ」をさせた状態でおやつを顔に近づけ、「フセ」と号令をかけて徐々に下へと降ろします。(最終的には床近くまで) そうすると、ちょうど犬がお辞儀をするような姿勢になりますので、そこでほめながらおやつを与えます。これを繰り返し訓練していくと、「オスワリ」から「お辞儀」の姿勢で、ふと前足を前に倒し、「フセ」の体勢になります。(最初はゆっくりやるのがポイントです。)

豆奴は微妙な「フセ」(お腹を完全につけていないフセに近い体勢)を覚えるまでに3日。完全なフセを覚えるまでに10日ほど。おやつ無しで外でもどこでもフセができるようになるのに1ヶ月ほどかかりました。

小梅の方は訓練をはじめたのが生後4ヶ月頃からで、微妙なフセができるまでに3週間ほどかかり、完全なフセを覚えるのに1ヶ月ほど。おやつ無しでも外でもどこでもフセがある程度できるようになったのは7,8ヶ月頃でした。(豆奴は号令だけでできますが、現在9ヶ月の小梅はおやつは無しでも、手の上下の動作をしないとフセをやらない時があります。)




「オスワリ」


「フセ」


「フセ」&「マテ」



PR
愛犬の無駄吠えが2秒で治る!? そのヒミツは・・・・


日時: 2007年08月30日(木) 14:10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前 にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その ときはしばらく待ってください。)